徳島RAPAZ 新着情報

徳島RAPAZ強化責任者 就任 前田喜史氏


この度、徳島RAPAZスポーツクラブは、日本のフットサル界、Fリーグでご活躍しておりました、前田喜史氏を弊クラブの理事兼フットボール事業統括責任者として迎えることとなりました。
今後は、徳島RAPAZフットサルTOPチームの強化、ジュニアスクール・アカデミーでのフットサル普及・育成に携わっていきます。
 
※名古屋オーシャンズ時代

 

~ 前田喜史氏 就任挨拶 ~

この度、徳島RAPAZスポーツクラブ理事兼フットボール事業統括責任者に就任しました前田喜史です。
今までの経験を生かし、徳島県をはじめ四国全体へのフットサルの普及・育成に力を注ぎ、四国全体のフットサル競技の活性化に向け全力で取り組んでいきます。
最後に、徳島RAPAZフットサルのFリーグ加入にむけて全力で取り組んで参りますのでご声援・ご協力のほど、よろしくお願い致します。
 

~ 前田喜史氏 ご紹介 ~

日本屈指のポリバレントプレイヤーとして攻守に渡り高い水準のパフォーマンスを発揮。
2000年からフットサル日本代表に選出され、2004年、2008年に開催されたFIFAフットサル世界選手権に2大会連続出場(2004年11月21日パラグアイ戦で得点を記録)など、世界と闘う日本フットサルの先駆的な役割を担ってきた一人である。
 
2001年には、ブラジル・パラナ州のCASCAVEL FUTSAL CLUBEに移籍。
ブラジルパラナ州の公式戦であるフットサルリーガパラナエンセでブラジル国内の公式戦(2001年7月28日 CASCAVEL 11-5 クリチーバ)で日本人初となるゴールを決めた。
フットサルの全国リーグであるFリーグの名古屋オーシャンズ所属時には、Fリーグ5連覇の時の主力メンバー。
 
2009-10シーズンは、アジウ監督の指揮のもと、アスリートとしての優れた身体能力を活かしたプレイに加えて、パワープレイ戦術でも中心的な役割を担いチームの勝利に貢献している。
アスリートとしての優れた身体能力を活かしたプレイに加えて、パワープレイ戦術でも中心的な役割を担いチームの勝利に貢献してきた。日本のフットサル界の立役者。
 
名前 前田 喜史   マエダ ヨシフミ
生年月日 1977年4月25日 36歳
出身地 東京都府中市
身長 177㎝
体重 69㎏
 

~ 前田喜史氏 経歴 ~

【所属クラブ】

FIRE FOX-カスカヴェウ-CASCAVEL(ブラジル)-カスカヴェウ-府中アスレティックフットボールクラブ
    -名古屋オーシャンズ-府中アスレティックフットボールクラブ-ペスカド-ラ町田

※ブラジルのCASCAVEL FUTSAL CLUBEにて、ブラジル国内公式リーグで日本人初となるゴールを決た。
 
☆名古屋オーシャンズ時代
  • Fリーグ5連覇 (主力メンバー)
  • AFCフットサルクラブ選手権カタール2011優勝メンバー(アジアフットサルクラブ大会)
 
【代表歴】
FIFAフットサルワールドカップ(W杯)
  • 2004年 チャイニーズタイペイ大会
  • 2008年 リオデジャネイロ大会
AFCフットサル選手権(アジア大会)
  • 2000年 (開催地バンコク/タイ) 4位
  • 2002年 (開催地ジャカルタ/インドネシア) 準優勝
  • 2003年 (開催地テヘラン/イラン) 準優勝
  • 2004年 (開催地マカオ) 準優勝
  • 2006年 (開催地タシケント/ウズベキスタン) 優勝
※日本代表2006年時代
 
 

  • アーカイブ

  • オフィシャルサプライヤー

    desporte